私がWebライターとして稼げるようになった教材【WritingHacks】 詳しくはこちら

とろろ昆布の効果がすごかった。脂肪も燃焼してくれる!?

こんにちは、さとなおです。

定期的に自分の中でとろろ昆布が流行ります。

特に便秘気味なときね。

特にいろんなレパートリーがあるわけでもなく
お椀に白だしととろろ昆布入れて
お湯を注ぐだけ。
味が薄かったらお醤油をたらっと数滴。

お吸い物の完成。
手軽でおいしい。

そうすると次の日すごいの。
便通が。

スルリって音がしたんじゃないかくらい
スルリと出る。

スルリと。

スルリっ(言いたいだけ)

そんな便秘さんにうれしい味方のとろろ昆布さんですが
きっと他にもいい効果があるに違いないと思って
調べてみたらば、やっぱりうれしい効果が
たくさんあったよ。

<スポンサーリンク>
目次

【そもそもとろろ昆布とは?】

削り昆布ともいわれているとろろ昆布。
酢につけて柔らかくした昆布を
ブロック状に固めて断面を糸状に薄く削り取ったものをいうらしい。

ちなみにおぼろ昆布は糸状ではなく、
昆布の表面を職人さんが帯状に1枚ずつ削ったものをいうらしい。

なるほどー。

【とろろ昆布にはどんな栄養が含まれているの?】

食物繊維はもちろん、他にも
ナトリウム、カリウム、カルシウム、鉄分などのミネラルや
ビタミンB1などが多く含まれているんだって。

とくにカリウムはむくみを解消してくれたり高血圧の予防を
してくれるんだそうで。

お酒の摂取量が多く万年アンパンマンなむくみ顔の私としては
嬉しいですな。

鉄分は言うまでもなく貧血予防に効果的。

フコイダンというねばねば成分には
血糖値の急上昇を防いでくれるらしい。

【体脂肪の燃焼を促してくれる!?】

あと私が一番注目したのはフコキサンチン。
これはどうやら体脂肪の燃焼を促す効果があるらしい!!

これは嬉しい。

いろんな料理に使いたくなっちゃう!

【ちょっと待って!食べすぎはNG?】

嬉しい効果がたくさんのとろろ昆布ですが、
塩分が多いため、食べすぎには注意。
さらに食物繊維が豊富ですが
取りすぎるとおなかを壊します。
(私は壊しました。イテテ)

あと食べすぎは甲状腺機能の低下をまねくことも。
胃の調子が悪くなったり、疲れやすくなったら
一度とろろ昆布の摂取を中止してみよう。

一日の摂取目安量は10グラムだそうな。

【最後に】

優秀なとろろ昆布さん。
私は栄養とか効能が豊富な食べ物を見つけると
調子乗って食べすぎる傾向がありますが
どんなに優秀な食べ物も食べすぎると逆効果になりかねないので
適切な量を守って摂取していきたいですね。

さて、今夜もとろろ昆布のお吸い物つくろっと。
なんかほかにとろろ昆布使ったレシピ教えてください。
簡単なやつで。

ということでおしまい!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる