私がWebライターとして稼げるようになった教材【WritingHacks】 詳しくはこちら

【5分で熟睡】寝付きの悪かった私が唯一すぐ寝れた方法

こんにちは、さとなおです。

良質な睡眠は心にも身体にもよいですが、
みなさん寝つきいいですか?

私はとても悪いほうです。
割と体を動かして、あぁ今日はよく寝れそうだなぁなんて
思う日でもベッドに入ってから平気で1時間とか寝れなかったりします。

日常でも素面で寝ると1時間くらい寝れないです。
下手したら3時間とか4時間とか寝れないときもあります。

だから布団入ってすぐ寝れるよって人がすごくうらやましいです。
うちのツレがまさにそうなんですけど。

おやすみ~って言って1分後には寝息経ててます。
のび太かよ。
ほんとうらやましい。

なんでそんなにすぐ意識をシャットダウンできるのだ!?

寝るコツを聞いても目つぶったら朝だからとか
全然参考にならない答えが返ってきます。

頭の中で羊を数えてももちろん寝れませんし、
呼吸法をなんちゃらってのも試したけど、
なんていうか、これは私の息の仕方が下手くそなのか
あまり効果を感じられたことはありませんでした。

お酒を飲むと酔っぱらって寝れるので
お酒をつい多く飲んでしまうのはこのせいでもある。

寝酒はよくないとわかっていても
早く入りたい夢の中。

でもあんまり深酒しすぎるとろくな夢みないんだよな。

暑くなってきたこの季節。
ますます寝つきが悪くなる。

ということで、藁にもすがる思いでYouTube。

眠れる画像とか眠れる動画とか
たくさん出てきましたが、その中で見つけたのが
とある睡眠法について説明している動画でした。

その睡眠法とは

【シャッフル睡眠法】

めちゃくちゃ簡単に説明すると

単語とその単語の情景を思い浮かべていくとスヤァって寝れるという方法。

なんじゃそれ?ほんとかいな?

と、半信半疑でしたが
とりあえず試してみようほととぎす。

眠ってみせようほととぎす。

ということでやってみることに。

【シャッフル睡眠法】

①寝床につく

②簡単な単語を一つ決める

(今回は「すいか」)

③単語を決めたらその単語の最初の一文字から始まる
単語を思いつく限り思い浮かべ、さらにその単語の画像をそれぞれ数秒間思い浮かべる。

(決めた単語が「すいか」なら「す」から始まる単語をどんどん思い浮かべる。「すみれ」「すうじ」「すし」「スカッシュ」など・・・)

③最初の一文字目の単語が思い浮かばなくなったら二番目の文字から始まる単語を思い浮かべていく

(「い」から始まる単語。「いぬ」「いかだ」「色鉛筆」などなど…)

④二文字目が思い浮かばなくなったら3文字目と繰り返していく。
もし最初の単語で思い浮かべ終わっても寝れない場合はまた新たに単語を決めて
繰り返していく。

とまぁこんな感じなんですが、気づくとマジで寝てます。びっくり。

ツレが部屋ごそごそ動いてて、それに気づいて時計見たら
だいぶ進んでてあれ?私寝てたな。ってなりました。

お酒飲んでないのに。

なんでこれで寝れるんだろうと思ったのですが、
この方法、カナダのなんちゃら博士が考案したものでちゃんと科学的根拠があるようです。

寝るときに次の日にやらなきゃいけないこととか
人間関係の悩みとか仕事だりーなとかいろいろ考え事をすることが誰しもあるかと思うのですが、そうすると脳が「まだ寝ちゃいけないんだ!」という信号を出すのだそうです。

それに対して、意味のない単語とその情景を思い浮かべ続けることによってそれらが考えられなくなり、さらにどうでもいい単語に対して脳は「寝てもOKなんだな」と判断し寝てもいい信号を発し、スヤァと寝られるのだそうです。

コツとしては悩みに関連する単語は避けることだそうです。

例えば「仕事」とか「ダイエット」とか「恋愛」とかですね。

あとは思い浮かべる単語同士は関連しないほうがいいそうです。
(食べ物ばかりの単語を思い浮かべないでなるべく植物動物情景などなどごっちゃに思い浮かべるようにする。)

今までサプリとかそういうの以外で寝れる方法がなかったので、
これ知れてほんとよかった。

これからも眠れなくなったらしばらくこれで対処しようと思います。
みなさんも快適な睡眠で心と体を健康に。

それでは!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる